ルアンジェルに含まれているボタニカル成分について

ツバキ種子油

ル.アンジェルが他のヘアクリームと違うのは、ボタニカル成分が含まれているからというのも一つの特徴です。
では、そのボタニカル成分とは何が含まれていてどんな効果が期待できるのでしょうか?

ボタニカル成分とはどんなもの?

ボタニカルという言葉を初めて聞く人も少なくないでしょう。
英語でbotanicalと書くこの言葉は、植物のという意味があり、植物由来の成分が配合されているという意味で使われています。

つまりルアンジェルは、化学的な力ではなく、この天然由来の植物が持つ力で、髪を綺麗にする事を目指した製品なのです。

そもそも、なぜ切れ毛や枝毛になってしまうのかというと、髪のダメージやストレスが原因です。
ヘアカラーやパーマのダメージ、紫外線や毎日のブローによるダメージの蓄積によって、徐々に髪が傷んできます。

また女性の場合、年齢とともに女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減り、徐々に髪にハリやツヤがなくなってきてしまいます。

そのようにして傷んでしまった髪を、ルアンジェルに配合されている植物の力によって補修し栄養を与え、しなやかでツヤのある髪を目指します。

ルアンジェルのボタニカル成分がもたらすヘアケアに期待できる効果とは?

具体的にどのようなボタニカル成分が含まれているかと言うと、7つの植物から抽出した成分があります。
少し例をあげると、エンドウ豆タンパク質のエキスが、ダメージを受けた髪を修復し、保水力を高めてくれます。

髪はそのほとんどがタンパク質でできているため、タンパク質を補給する事が大切なのです。
さらにスサビ海苔エキスは、髪の表面にあるキューティクルを補修し、キメを整えてくれます。

それで、枝毛や切れ毛になりにくい、しなやかな髪になる効果が期待できるのです。

なたねやヒマワリの成分も配合されていますが、保湿効果を発揮し、しっとりかつ滑らかな髪になる効果が期待できそうです。

すべての成分を挙げる事はできませんが、このように7つのボタニカル成分によって、髪のダメージを集中ケアできます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*