年齢により蓄積する髪の毛のダメージとルアンジェルの効果とは

年齢と共に変わってきてしまうのは、肌だけではありません。

髪にもダメージが蓄積してきてしまうのです。

ルアンジェルの効果は、年齢によるダメージにも効果があるのでしょうか?

なぜ髪は歳と共に衰えてしまうのか?

髪も歳をとるといってもピンとこないかもしれませんが、髪も細胞でできているので歳をとります。
細胞を老化させる主な原因となるのが活性酸素で、髪の細胞も酸化させて老化させてしまいます。

さらに年齢とともに、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ることも、髪に影響を及ぼします。

もともとエストロゲンは、髪の成長をつかさどっているため、分泌の減少と共に髪にハリやコシがなくなります。
さらに紫外線やドライヤーの熱など、髪へのダメージも蓄積していきます。

その変化はわずかではありますが、しかし長い年月をかけて確実に髪へのダメージが溜まっていき、ゴワゴワしたり色あせたりします。
このように、年齢とともに髪も年をとっていきますので、早めにしっかりと対策をとる事が必要なのです。

ルアンジェルが年齢によるダメージを回復する?

髪がダメージを負っていると、見た目も老けて見えてしまいます。
それで、見た目をカバーしてくれる物が必要になってきます。
ルアンジェルは、髪にうるおいを与えるとともに、光沢も出してくれます。

さらに、枝毛も目立たなくなるため、サッと塗るだけで一日中若々しく見える髪になる事ができます。

しかし、見た目をカバーするだけではなく、髪のダメージを回復するための効果も同時に必要になってきます。

その点ルアンジェルは、7種類のボタニカル成分が配合されていて、保湿と補修、栄養補給の効果が期待できます。
また、配合されている白ビワ葉エキスには、細胞の老化の原因となる活性酸素を除去する効果があるようです。

さらに、UVケアの成分も配合されているため、これ以上髪にダメージを与えないよう、紫外線から髪をブロックしてくれます。

年齢による髪の変化に気がついたなら、ルアンジェルで対策するのはどうでしょうか?

枝毛や切れ毛などの髪のダメージから回復できる

毛髪がパサつく、枝毛や切れ毛が多いと悩んでいる女性は多いです。
なぜ枝毛や切れ毛になってしまうのでしょうか?

髪のダメージにルアンジェルはどのような回復効果があるのでしょうか?

なぜ枝毛や切れ毛になってしまうの?

髪の表面には、キューティクルという層になっている部分があります。
髪がダメージを受けると、このキューティクルがはがれてきてしまいます。

そうなると、髪の内部の水分は失われて、弱くなってしまい裂けてきてしまい、これが枝毛になるのです。

紫外線やドライヤーの熱風、カラーリングやパーマの液などが、そのダメージの原因となります。

さらに、髪の栄養不足も枝毛や切れ毛の原因になります。
栄養分が足りないと、髪はもろくなってしまい、切れてしまったり裂けてしまったりするのです。

髪に必要な栄養素の物が摂れていない、血行が悪く栄養が行き届かない、毛先まで栄養がたどり着いていないなどが栄養不足の原因になります。
それで、キューティクルを補修するとともに、髪に必要な栄養を補給することで、枝毛や切れ毛の対策ができるのです。

ルアンジェルで枝毛や切れ毛から回復できるのか?

枝毛や切れ毛で痛みが目立つと、全体的に年取った印象を与えかねません。
かといってへたにヘアクリームを使い続けていると、どんどんダメージが溜まってしまいます。

その点ルアンジェルは、サラサラで枝毛を目立たなくするとともに、切れ毛や枝毛になりづらい髪質にケアしてくれます。

その秘密は、植物由来のダメージケア成分で、7種類のボタニカル成分が配合されている事です。

髪にうるおいを持たせ、栄養を補給し、補修するための成分ですので、ダメージからの回復が期待できます。
さらに、髪のダメージの原因である紫外線から守ってくれる、UVケアの成分も配合されています。

このようにルアンジェルは、指通しや光沢だけでなく、問題を根本から改善する事まで考えたオールインワンのヘアクリームなのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*