ルアンジェルはどう使えばいいの?ヘアケアのために毎日やりたいこと

6つの新発想!切れ毛・抜け毛・髪のダメージケアクリーム

雑誌でも良く取り上げられているルアンジェルですが、いつどのように使えばいいのでしょうか?

また、毎日の生活の中でどのようにヘアケアをしていくとよいのでしょうか?

ルアンジェルはどのように使うのか?

ルアンジェルの使い方は、とても簡単です。

お出かけ前に手のひらにルアンジェルを出して、さっと髪に塗るだけです。

量は髪の長さによって個人差がありますが、大体10円玉程度が目安です。
毛先の枝毛の気になる所には、重点的に塗るようにしましょう。

それを含めても必要な時間は20秒程度なので、朝の忙しい時間でも十分にできます。
この20秒間の一手間だけで、一日中サラサラで光沢のある髪が保つことができるなら、ヘアケアの時短になりますし簡単で使いやすいですね。

また、枝毛を目立たなくするとともに、UVカットで髪へのダメージから働きもあるのでエイジングケアにも良いです。

そして、保湿や髪に必要な栄養分の補給の効果まで期待できるのです。
UVカット効果があることから、塗るとしたら出かける前が最適です。

毎日の習慣からヘアケアを考えよう

髪のダメージは、毎日の習慣によって蓄積していくものです。
それとは反対に、毎日の良い習慣によって回復していくものでもあります。

髪にダメージを与える一つの原因は紫外線で、夏だけでなく他の季節にも紫外線は髪をむしばんでいます。

それで一年を通してルアンジェルを塗るようにすることで、紫外線によるダメージを減らすようにしましょう。

また、ドライヤーやくしをかける時の静電気も、髪にとってダメージになります。
ドライヤーは近づけすぎたり、長くかけ過ぎないように、クシも静電気除去の物を使うように心がけましょう。

そして、シャンプーやトリートメントも、洗浄力の強過ぎないものや、保湿効果や補修効果のある物を選ぶといいです。

ルアンジェルも、ボタニカル成分が配合されているため、補修や保湿効果を期待できます。

このように、少しでも髪のダメージを減らすとともに、必要なものを補給してあげることで、いつまでも綺麗な髪でいるためのコツなのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*